What's New

Anthology/作品集HP版

豊村一矢・松木新・進藤良次・泉脩氏の

作品掲載中

 

 

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

『奔流』第26号 頒価1000円

        (2017年8月1日発行)

評  論

松木 新「アメリカ版『日本プロレタ

     リア文学選集』を読む

     (草稿)」

後藤守彦「加藤周一『日本文学史序説』

     を読む」

小  説

細野ひとふみ「あかるいほうへ

      (改稿)」

田中恭子「こむニャンコ」

室崎和佳子「チェルノブイリ・

      フクシマ」

馬場雅史「ポパイがいた」

石川節子「怨念の黒い船」

福山瑛子「山間に響く木霊」

大橋あゆむ「春のワルツ」

平山耕佑「嵐」

                                                                                  柏原 竜「リスペクト」

                                                                                創  作

                                                                                 泉 恵子「再開ラプソディ」

                                                                                 エッセイ

                                                                                菊池 大「三六〇度の空の下で」

                                                                                村瀬喜史「生活綴り方事件と共謀罪」

                                                                               北野あかり「一輪の花のように」

                                                                                シナリオ

                                                                                石川弘明「逆転」                

                                                                                レーゼシナリオ

                                                                                豊村一矢「北都市緑野町界隈でのこと」

                                                                                回  想

                                                                               泉 脩「戦争と私」

                                                                              手  記

                                                                               綾 達子「式根島から夜明けの明星に

                                                                                              願いこめて」

『北海道民主文学』VOL.21 頒価1000円

         (2016年9月1日発行)

創  作

進藤良次「弟よ!」

松本ひろ「旗凜凜と」

石川節子「新土人物語・大地の砂粒」

木元倫雄「宿題先生」

増田竹雄「謀略事件と定員法」

泉 恵子「望郷のトロッコ」

加藤多一「ドンデ・バーニョ」

大橋あゆむ「わたしの中の私」

柏原 竜「風通し」

三間 浩「瑞希~旅立~」

豊村一矢「おれと私」

浜比寸志「転げた造花瓶」

福山瑛子「母の会津と七福神」

室崎和佳子「『チェルノブイリ』を生きる

                                                                              五つの物語」

                   北野あかり「誕生日の想い出づくり」

                   菊池 大「ある校長の死」

                   細野ひとふみ「網走覚書」

                   馬場雅史「国破れて(一)」

                   エッセイ  

                   紺谷光子「義母からの手紙」

                   新岡健介「吉林・広州・香港の旅」

                   平山耕佑「奇跡の邂逅」

                   松井和男「エッセイ十七篇」

                   佐瀬武志「鎮魂の『ノットウルノ』」

                   土屋きみ子「青春を返してほしい」

                   中野省三「種雄牛の後代検定に尽くした

                        半生」

                   泉 脩「NHK連続テレビ小説をめぐって」

                   妻鳥靖子「芝生刈り」

                   村瀬喜史「治安維持法と相沢良」

                   にしうら妙子「エッセイ二篇」

                   詩

                   高橋篤子「詩七編」

                   シナリオ

                   石川弘明「0番線の恐怖」

                   評  論

                   浅野勝圀「感性の解放―『海のたましひ』

                        から『飛ぶ教室』」

                   後藤守彦「思想の形成をめぐって」

                   松木 新「津島佑子『ジャッカ・ドフニ』

                        を読む」

 

『奔流』第25号 頒価1000円

            (2015年12月26日発行)

創  作 

山路文彦「命つなぐもの」

平山耕佑「宛先のない手紙」

細野ひとふみ「熟練技師」

馬場雅史「寂しくても 悲しくても ネギ刻む」

福山瑛子「『睡蓮』の池の色」

大橋あゆむ「さらさらと」

南平太郎「老いても楽しく」

泉 恵子「『水神』再訪」

室崎和佳子「不法妊娠」

                                                        田中恭子「川瀨普実子さんに一度だけ出会って」

              菊地 大「幟旗」

              柏原 竜「暑い夏へ」

              豊村一矢「怠慢欠席」

               シナリオ 

              石川弘明「幻想の中の不安」

               エッセイ 

              泉 脩「思い出の世界文学 第一次世界大戦を

                  めぐって」

              林 清三「私の信念とその由来」

              北野あかり「母の七回忌」

               評  論 

              浅野勝圀「『夏の花』三部作の背景」

              松木 新「多喜二と選挙」

 

『北海道民主文学』Vol.20    頒価1000円

             (2014年9月16日発行)

創  作 

豊村一矢「井上美佳教諭の第三十三週」

泉 恵子「『水神』碑の前で」

田中恭子「恵庭岳」

小縄龍一「満州脱出」

吉田たかし「密 航」

福山瑛子「未知の道」

大橋あゆむ「雨よ、雨」

愛田光輝「私の中に棲む私」

浜比寸志「罐を焚く」

加藤多一「歌う男」

                                                        高橋篤子「ウッナイ」

              篠原昌彦「遅刻坂からの手紙」

              柏原 竜「キラキラ」

              にしうら妙子「私の人生―正子さんの場合」

              室崎和佳子「テイクオフ~跳べ 若葉~」

              なかかつお「氷に閉ざされて」

              増田竹雄「線 路」

              シナリオ 

              石川弘明「二分の一の人生」

              評  伝 

              村瀬喜史「多田光雄」

              手記

              北野あかり「混声合唱組曲『悪魔の飽食』をうたう」

              エッセイ 

              泉 脩「将棋と碁の話」

              平山耕佑「教師の条件」

              林 清三「日高種牧場でのことなど」

              菊地 大「雨煙ぶる」

              後藤捨助「近代文学研究講座を開く中から」

              松井和男「『選挙なんか無い』と言ったが

              細野ひとふみ「夏目漱石『こころ』、百年後の

                     文学体験」

              見田千恵子「矢臼別のこと」 

              詩 

              菊地義夫「あの日・あの時」

              評  論 

              後藤守彦「幸徳秋水と朝鮮」

              松木 新「死者との対話」

              浅野勝圀「開放から解放へ―壺井栄『海のたましひ』

                   を読む―」

『奔流』第24号 頒価1000円   

            (2013年12月4日発行) 

創     作                 

小縄龍一「地底に降りた白衣の天使」

山路文彦「星 夜」

平山耕佑「無言の会話」

福山瑛子「晩 秋」

 大橋あゆむ「『わたしのせいじゃない』」

菊地 大「もう カッコウは鳴きましたか」

柏原 竜「歩こう」

豊村一矢「センブリの花」

シナリオ 

 石川弘明「再 会」

              ドキュメンタリー   

              泉 恵子「ふるさとイトムカの埋もれた歴史を

                   追い求めて」

              北野あかり「今昔あれこれ 組合とわたし

                   (その二)」

              ルポルタージュ 

                室崎和佳子「チェルノブイリよ」

              評    伝 

                 南 平太郎「レクイエム 評伝山科喜一」

              エッセイ 

                 泉 脩「家族Ⅱ」

              林 清三「働く人々の哲学について」

              目名せつ子「『おいちぃぃ!!』

                    『おいちぃぃ!!』」

              評   論

                  松木 新「『プロレタリア文学版実存小説』としての

                  『党生活者』」

 

『北海道民主文学』Vol.19      頒価1000円

            (2012年9月28日発行) 

創 作   

浜比寸志「もういっこ」

菊地 大「ぎんぎんぎらぎら」

野瀬義昭「背中のぬくもり」

なかかつお「雨夜の月」

見田千恵子「誰かが抱えて上げてくれた」

にしうら妙子「Landing Craft,Air Cushioned(エアークッション型揚陸艦)」

室崎和佳子「闇の彼方へ」

細野ひとふみ「ドリフトに注意」

柏原 竜「アクシデント」

              進藤良次「篝 火」

               高橋篤子「カンナ燃える」

              小縄龍一「愛を抱きしめて」

              山路文彦「赤い角帽」

              福山瑛子「遙子の選択(上)」

              大橋あゆむ「弘美の日常」

              南平太郎「希望のある時」

              田中恭子「独り暮らし」

              豊村一矢「桜」

              シナリオ 

              石川 弘明「散 骨」

              ドキュメンタル  

              泉  恵子「ふるさとイトムカの埋もれた

                   歴史を追い求めて」

              詩 

              乾 葉子「美ら海に基地はいらない」、「積丹半島」

              エッセイ

              木元倫雄「中学生が修学旅行で東京まで

                   行ったはなし」

              松井和男「フェンス」

              平山耕祐「熊ちゃんツアーとジンギスカンツアー」

              北野あかり「今昔あれこれ(組合とわたし)」

              評  論 

              後藤捨助「芥川龍之介の『復活』―『戯作三昧』を

                   読む」

              泉 脩「民主主義文学を読む」

              松木 新「『冬の景色は』に描かれた綾子像」

              浅野勝圀「小林多喜二と朝鮮/朝鮮人」

小縄龍一『夕張の郷』(民主文学館 光陽出版社)

A5判 338ページ 定価1800円(税込)

 

夕張に生きた抗夫が

ヤマと仲間に送る短編集

   男たちの、女たちの

   怒りがあり、たたかいがあり、

   愛があり、夢がある。

福山瑛子著

『キューバにかかる虹』

2011年7月10日第一刷発行

柏艪舎

1575円(税込)

 

本書は「しんぶん赤旗」の記者として長年勤めてきたみゆきが、「由希」を主人公として当時を振り返り、小説内小説の形式を採った追憶の物語です。

第11回世界青年学生祭典の前取材に来た各国の記者たちとの交流を通して、キューバ革命以降のキューバの在り様を詳細に描きながら、「革命とは?」、「社会主義国の民主主義とは?」を探っています。

 

 

「キューバにかかる虹」を推薦します     泉  脩

 

  キューバ賛歌  

 この小説は、著者が30年間、心の中で暖めてきたキューバ賛歌である。

 「しんぶん赤旗」の記者として、1970年代に二度キューバを取材し、多くのキューバ人と会い、取材を共にした各国の記者たちと交流した。

 この体験の中で著者は、日本共産党の正しさを深く確信すると共に、カストロのもと発展するキューバの素晴しさに感動した。

 現在のラテンアメリカにおける多くの左翼政権の誕生は、このキューバの蒔いた種子が発芽したもであると思った。

    

 

民主文学会札幌支部誌『奔流』第23号

(A5判238ページ頒価1,000円 2011年12月2日発行)

創 作  

平山耕祐 「へったれ」

小縄龍一 「ガスに散る炭鉱」

南平太郎 「試練のとき」

豊村一矢 「センブリの花」

福山瑛子 「牡丹園の二人」

 

泉  恵子「夏の置土産」

吉田たかし「サロベツ残照」

田中恭子 「のぼりふじ」

柏原 竜  「窓から」

室崎和佳子「出発の歌」

                                                        シナリオ 

              石川弘明「平成疎開」

              エッセイ

              泉  脩「家 族」

                                       三好武志 「持続する志―大江健三郎」

                                    北野あかり「私のたからもの」

                                     田中まゆみ「朝の『夜這』」

                                                   評  論     

               後藤 守彦「小林多喜二と朝鮮」

                                    松木  新「小説に描かれた原発」