What's New

Anthology/作品集HP版

豊村一矢・松木新・進藤良次・泉脩氏の

作品掲載中

 

 

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

 

「札幌民主文学会便り」第160号 2017.8.6

 

9月例会

 

916日(土) 3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行います。

 

浅野勝圀さんが、馬場雅史さんの「廃坑のカナリヤよ」(『民主文学』9月号)について報告します。

 

10月例会・・・107日(土) 2時~5時 高教組センター4階第2会議室

 

         『奔流』第26号の合評(松木・後藤・田中恭子)

 

11月例会・・・1118 日(土) 2時~5時 高教組センター4階第2会議室

 

         『奔流』第26号の合評(室崎・馬場・石川節子)

 

 

 

8月例会

 

85日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行いました。

 

平山耕佑さんが、倉園沙樹子「巨艦の幻影」(『民主文学』8月号)について、レジュメ2枚にもとづいて、報告しました。

 

参加者11名(浅野・福山・村松・尾崎・平山・石川節子・馬場・泉脩・豊村・村瀬・松木)

 

 

 

「札幌民主文学通信」225

 

7月例会報告」は松木 新さんです。

 

「投稿欄」は、泉 脩さん、松木 新さん、福山瑛子さん、後藤守彦さん、大橋あゆむさん、豊村一矢さんです。

 

 

 

ミニ創作専科

 

1014日午後~15日午前 

 

会場 141時~5時 札幌市産業振興センター(地下鉄東札幌駅徒歩7分)

 

   1510時~12時 高教組センター4階第3会議室

 

講師 田島 一

 

参加費 3000

 

受講希望者は豊村一矢さんへ連絡してください。

 

 

 

【動向】

 

27回大会後の組織機構で、豊村一矢さんが[組織部・地方担当組織部員]になりました。

 

 

 

『争議生活者』出版記念/『時の航路』完結 田島 一 講演会

 

1015日(日)午後2時~4時        高教組センター4階大会議室

 

参加費500円               当日、会場でサインセールを予定

 

 

       「札幌民主文学会便り」第159号(2017.7.2)  

 

8月例会】

 

85日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行います。

 

平山耕佑さんが、倉園沙樹子「巨艦の幻影」(『民主文学』8月号)について報告します。101枚の力作で、期待を持てそうです。

 

9月例会・・・916(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室

 

10月例会・・・107日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室

 

 

 

7月例会】

 

71日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行いました。

 

松木 新さんが、風見梢太郎「崖の上の家」(『民主文学』7月号)について、阿部昭『短編小説礼賛』を素材にして作品を分析するという方法で、報告しました。

 

参加者14(福山・村松・小崎・平山・石川・石川節子・馬場・泉恵子・泉 脩・室崎豊村・後藤・村瀬・松木)

 

 

 

【「札幌民主文学通信」224号】

 

 「6月例会報告」は石川弘明さんです。

 

 関連発言として、泉 脩さん、豊村一矢が意見を寄せています。

 

「投稿欄」は、松木 新さん、泉 脩さん、後藤守彦さん、豊村一矢さんです。

 

 

 

【動向】

 

馬場雅史さんが『民主文学』を拡大しました。

 

 

 

【田島 一さんの講演会】

1015日(日)2時~4時 高教組センター4階大会議室 入場料 500

                 主催 札幌民主文学会

 

田島 一さんの「争議生活者」(『民主文学』45月号)が、910日頃に出版されます。

 

2008年秋のリーマン・ショックを機に起こったいすゞ自動車の「非正規切り」争議をモデルに、そのたたかいを描いてきた小説「時の行路」が、この「争議生活者」でついに完結しました。

 

派遣労働者による裁判闘争を本格的に描いた作品は、日本文学では初めてです。

 

札幌民主文学会は、201110月に田島 一さんを迎えて、『時の行路』出版記念講演会を開催していますので、今回は二度目になります。