What's New

Anthology/作品集HP版

豊村一矢・松木新・進藤良次・泉脩氏の

作品掲載中

 

 

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

 

「札幌民主文学会便り」第165号 2018.1.14

 

2月例会】

 

210日(土)時~5時 高教組センター4階第2会議室で行います。

 

馬場雅史さんの評論「多喜二を繋ぐ」(『民主文学』3月号)について、後藤守彦さんが報告します。1月合宿研修会で合評できなかった菊池 大さんの「三六〇度の空の下で」についても合評します。

 

3月例会・・・3月3日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室。

 

4月例会・・・4月7日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室。

 

 

 

1月合宿研修会】

 

113日(土)1時~14日(日)12時 、駒岡保養センターで行いました。

 

『奔流』第26号下記作者の作品を合評しました。

 

(細野・大橋・柏原・村瀬・北野・石川弘明・豊村・泉脩)

 

参加者16名(細野・荻生・室崎・泉恵子・村松・平山・石川弘明・石川節子

 

馬場・小崎・泉脩・豊村・村瀬・後藤・田中恭子・松木)

 

 

 

「札幌民主文学通信」230

 

『奔流』26号の合評報告③では、福山瑛子さん、平山耕佑さん、泉 恵子さんが感想を寄せています。

 

「投稿欄」は、泉 脩さん、生駒たづ子さん、松木 新さん、後藤守彦さん、

 

泉 恵子さん、福山瑛子さん、豊村一矢さん、田中恭子さんです。

 

 

 

【第22回北海道研究集会・『北海道民主文学』第22号】

 

日時 20181013日(土)1200受付~14日(日)1600閉会

 

会場 北海道青少年会館Compass(札幌市真駒内)

 

会費 17,000円(予定)

 

原稿締め切り 2018630日(831日刊行予定)・・・豊村一矢さんへ

 

〈掲載分担金〉

 

30枚以内  10000

 

31枚~40枚 13000

 

41枚~50枚 16000

 

51枚~60枚 20000

 

 (作品の枚数制限 400字詰原稿用紙換算で60枚以内)

 

300冊印刷、頒価1000円(著者には5冊贈呈)

 

 

「札幌民主文学会便り」第164号 2017.12.17

 

1月合宿研修会】

 

113日(土)1時~14日(日)12時    131230分/地下鉄真駒内駅集合

 

 会  場 駒岡保養センター   電話011―583-8553

 

 参加費 6000円 (一泊二食付き)

 

『奔流』第26号下記作者の作品を合評します。

 

(細野・大橋・柏原・菊池・村瀬・北野・石川弘明・豊村・泉脩・綾)

 

 参加者は1224日(日)までに、下記へ連絡してください。

 

    松木 0115770271  amatuki@d1.dion.ne.jp

 

    豊村 0118653519  toyosan17@gmail.com

 

  夜は恒例の新年交流会ですので、差し入れ大歓迎です。

 

2月例会・・・210日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室。

 

3月例会・・・3月3日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室。

 

 

 

12月例会

 

1216日(土)2時~5時 高教組センター4階第2会議室で行いました。

 

『奔流』第26号の下記作品を合評しました。

 

福山瑛子「山間に響く木霊」

 

平山耕佑「嵐」

 

泉 恵子「再会ラプソディ」

 

参加者14名(浅野・後藤・泉恵子・村松・平山・石川弘明・石川節子・馬場・小崎

 

福山・泉脩・豊村・村瀬・松木)

 

 

 

「札幌民主文学通信」229

 

『奔流』26号の合評報告②では、石川節子さん、馬場雅史さん、室崎和佳子さんが感想を寄せています。

 

「投稿欄」は、松木 新さん、村松祝子さん、福山瑛子さん、後藤守彦さん、泉 脩さん

 

大橋あゆむさん、泉 恵子さん、豊村一矢さんです。

 

村松祝子さんは本紙初登場です。

 

 

 

【第22回北海道研究集会・『北海道民主文学』第22号】

 

日時 20181013日(土)1200受付~14日(日)1600閉会

 

会場 北海道青少年会館Compass(札幌市真駒内)

 

会費 17,000円(予定)

 

原稿締め切り 2018630日(831日刊行予定)・・・豊村一矢さんへ