What's New

Anthology/作品集HP版

豊村一矢・松木新・進藤良次・泉脩氏の

作品掲載中

 

 

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

 

「札幌民主文学会便り」第172号 2018.8.5

 

9月例会】

 

915日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行います。

 

 馬場雅史さんが、宍戸ひろゆき「階段で」(『民主文学』9月号)について報告します。

 

10月例会・・・1013日(土)~14日(日)【第22回北海道研究集会】

 

11月例会・・・1110日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室

 

 

 

8月例会】

 

84日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行いました。

 

村瀬喜史さんが、増田竹雄さん(釧路支部)の「二年目の春」(『民主文学』8月号)について、レジュメにもとづいて報告しました。

 

参加者13名(増田・田中恭子・福山・浅野・石川節子・石川弘明・村松・平山・馬場

 

泉脩・豊村・村瀬・松木)

 

増田竹雄さんが釧路から駆けつけてくれましたので、例会が「作者と読者の会」になりました。

 

後藤さん、室崎さん、泉恵子さん、小崎さんは、54回目を迎えた「矢臼別平和盆踊り」に参加しています。

 

 

 

「札幌民主文学通信」237

 

7月例会合評報告」は浅野勝圀さんが、キム・ビョラ著・後藤守彦訳『常磐の木 金子文子と朴烈の愛』(同時代社)について報告しています。

 

「投稿欄」は、泉脩さん二編、松木新さん、豊村一矢さん二編、福山瑛子さん、後藤守彦さんです。

 

 

 

「中島公園ぶんがく縁日2018」に出店します

 

日時 916日(日)~17日(祝・月) 9301700

 

会場 北海道文学館1階ロビー及び地下ロビー(中島公園14 電話0115117655

 

各日20ブースで、札幌民主文学会は二日間出店します。

 

『北海道民主文学』22号・『奔流』26号を販売します。冷やかしがてら顔を見せて下さい。

 

 

 

【お知らせ】

 

    先月の例会で合評した「バードウオッチング」の作者・田本真啓さんに「通信」を送ったところ、ていねいな礼状が届きました。

 

    岩井よしあきさんが、準会員になってくれました。

 

 

「札幌民主文学会便り」第171号 2018.7.15

 

8月例会】

 

84日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行います。

 

村瀬喜史さんが、増田竹雄さん(釧路支部)の「二年目の春」(『民主文学』8月号)について報告します。

 

9月例会・・・915日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室

 

10月例会・・・1013日(土)~14日(日)【第22回北海道研究集会】

 

「北海道民主文学」22350ページ)のタイトル名・著者名30作品)

 

野上彌生子『迷路』の世界・松木新/記憶と忘却・後藤守彦/骨箱からの手紙・松井和男/沖縄の少年・村松祝子/無加川ラプソディ・泉恵子/家電ハート・畠山益枝/展望を抱いて・田中恭子/父・進藤良次/被疑者・増田竹雄/悠久への旅立ち・福山瑛子/雑種天国・秋月礼子/認知症と囲碁とAI・村瀬喜史/木古内の女 垣内ツヤさん・石川弘明/色鉛筆・三間浩/呼び出し・豊村一矢/黒猫が走る・柏原竜/めぐりあい・土屋きみ子/アンクル・トムの部屋・室崎和佳子/海峡・菊地大/たてがみ・石川節子/リストラ・松本ひろ/サックルと呼ばれた街から・詩 初雪の朝・高橋篤子/兄・紺谷光子/兄の死・平山耕祐/長篇『四季を重ねて』を書いて・にしうら妙子/槇村浩断章・浅野勝圀/山田洋次の世界・泉脩/まっ、いいか・大橋あゆむ/軍靴の足音・北野あかり/ポスト・細野ひとふみ  

 

7月例会】

 

714日(土)3時~5時 高教組センター4階第2会議室で行いました。後藤守彦さんが翻訳したキム・ビョラ『常磐の木 金子文子と朴烈の愛』(同時代社)について、 浅野勝圀さんが「書評」(『民主文学』7月号)とレジュメ4枚にもとづいて報告しました。

 

参加者16名(後藤・荻生・福山・室崎・浅野・石川節子・村松・小崎・平山・馬場・泉脩泉恵子・豊村・村瀬・岩井・松木)

 

「札幌民主文学通信」236

 

6月例会合評報告」は泉脩さんが、田本真啓「バードウオッチング」(『民主文学』6月号)について報告しています。

 

「投稿欄」は、泉脩さん、松木新さん、福山瑛子さん、後藤守彦さん、豊村一矢さんです。

 

ニュース

 

ノーマ・フィールドさんの『小林多喜二――21世紀にどう読むか』(岩波新書)が、このほど、Silcheon Munhak社(「実践文学」社)から韓国語に翻訳されました。装丁の美しい本で、副題が「21世紀にどう生きるか」となっており、ノーマさんは「とくに嬉しかった」と言っていました。

ノーマさんからは、「みなさんによろしくお伝えください」との伝言がありました。下記のサイトから韓国語版を見ることができます。

 

http://www.aladin.co.kr/shop/wproduct.aspx?ItemId=135031613